iTunesダウンロード ■YouTube保存方法 ■iTunes Store ■iPodストア ■ブログTOP


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B.B.kingの名前の由来 BBKing&Eric Clapton - The Thrill Is Gone 

BBKingBBking 逸話
自らのギターにルシールと名づけている。彼は1949年の冬にアーカンソー州のクラブに出演していたときに、二人の男性がある女性をめぐってケンカをしていたという。そのケンカのさなかで照明が倒れ、引火し、クラブは大火事となってしまい、キングをはじめお客さんは皆外に避難したが、外に出てからキングは自分のギターをクラブに忘れてきてしまった事を思い出し、火の燃え盛るクラブに戻ってギターを取り出した・・・




しかし冷静になって考えてみるとたかがギターを取り戻すためだけに自分の命を危険にさらしてしまったことを反省し(実際にその火事では二人の死者が出た)、火事の原因となった二人の男性が「ルシール」という女性をめぐってケンカをしていた事を翌日聞き、その様な馬鹿なことを二度としないようにギターに「ルシール」という名をつけたのだという。B.B.キング80年記念で、限定80本のシグネーチャーモデルがギブソンから発売される。オープン価格で市場価格75万円。
* ちょうど同時期に、彼はメンフィスにあるラジオ局でDJをしており、そのときに「The Pepticon Boy」と名乗っていたのが後に「Beale Street Blues Boy」となり、略して「Blues Boy」と呼ばれるようになった。これのさらなる略称が「B.B.」であり、名前の由来である。

B.B. King/B.b. King: The Thrill Is Gone
ロイ・ホーキンス51年のヒット曲をカバー。BBにとって最大のヒットであり、ロック・ファンを獲得した名演。
       B.B. King - The Thrill Is Gone & Other Hits Live!

B. B. King & Eric Clapton - The Thrill Is Gone


株式情報配信会社ninety


   
   

このYouTubeを保存する»»  PC/iPod - Mobile - MP3 - IMG
Powered by TubeFire.com


スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。