iTunesダウンロード ■YouTube保存方法 ■iTunes Store ■iPodストア ■ブログTOP


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YouTubeからデビューMarie Digby 

mariedigbyマリエ・ディグビー
Marie Digby

アイルランド系アメリカ人の父と日本人の母との間にアメリカで生まれ育ったハーフ
1983年4月生まれの25歳。アイルランド系アメリカ人の父と、日本人の母との間にアメリカで生まれ、マリエは漢字で書くと“万里恵”になる。幼少期は日本語学校にも通い、祖母が住む熊本を度々訪れたこともあり、熊本を第2の故郷、と感じている。幼い頃からクラシック・ピアノを習い、ソングライティングに目覚めたのは15歳の時。彼女の関心は楽譜を奏でることから、オリジナル楽曲の創作へと移り、ピアノ以外にギターを演奏するようになる。高校卒業後にカリフォルニア大学バークリー校に進学するが、音楽への情熱は冷めることなく、1年生の時に休学を選択。2004 年にパンテーン社主催のソング・ライティング・コンテストに応募し、「ミス・インヴィジブル」で見事に優勝!ハリウッド・レコードと契約するに至る。レコード契約をしたにも関わらず、大きな変化が起こらないことに苛立ちを覚え、YouTube への投稿を思い立つ。リアーナの大ヒット曲、「アンブレラ」のカバーをギターでアコースティック・カバーし、投稿したところ、770 万PV数を超える。そして、満を持してリリースされるのが本作、『アンフォールド』。「アンブレラ」のカバーを除き、全曲をマリエが作詞作曲。99% が実体験に基づいた彼女の曲は、等身大の魅力となって音楽にピュアな輝きを与えている。ハッピーな恋の歌から、不安に揺れる姿まで、ヴァラエティーに富んだ内容の歌詞を書き上げている。プロデューサーにベックやエリオット・スミスを成功へと導いたトム・ロスロックを迎え、バンドとのライブ方式でレコーディング。マリエ・ディグビーの25 年間の人生が投影されている作品となった
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。