iTunesダウンロード ■YouTube保存方法 ■iTunes Store ■iPodストア ■ブログTOP


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bobby McFerrin & Anita Vitale 

Bobby McFerrin & Anita Vitale - Centerpieces
1.jpg2.jpg3.jpg
「ドント・ウォーリー・ビー・ハッピー」といえばボビー・マクファーリン。ひとりで同時に何役もこなした、とてつもない才能のシンガーだ。彼のコードはゴムかと思うほどしなやかによく伸び、スタジオの魔術師など雇わずとも聴く人を思わずうっとりさせる。その声で成功を追求するかわりに始めたのが大合唱団。しかも自分ひとりの声のオーケストラで、ポップでもジャズでもない世界に没頭している。有名人がこれほどアカデミックに何かを追求しているのは見ていて気持ちがいいけれども、ちょっともったいない気が…。ソロで歌ってその才能をあますところなく表現してはもらえないだろうか?97年の驚嘆すべきアルバム『サークルソングス』は、意味のある言葉は一切使われていないというユニークさ。それでも世界は、ボビー・マクファーリンがいつかソロで戻ってきてくれることを待っているのだ
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。