iTunesダウンロード ■YouTube保存方法 ■iTunes Store ■iPodストア ■ブログTOP


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9弦ギターをオープンGで激しくかき鳴らすBig Joe Williams 

Big Joe Williams - Highway 49


何かにつけてパンチを食らわすビッグ・ジョー・ウィリアムズはケンカっぱやい性格から「ボクサー」の愛称で人々に親しまれた。ブルースを愛し、根っからのブルース・マンだったウィリアムズは、60年代におけるシカゴ・ブルース復活の火付け役としてチャーリー・マッセルホワイトと共に数々の伝説的偉業を成し遂げた人物である。独自に改造した9弦ギターをオープンGのチューニングを使って猛烈に激しくかき鳴らす楽曲には、デルタ・ブルースの影響が感じられる。そしてパーカッションのようにギターを叩きながら弾くその特殊な奏法で、革新的なブルース・プレイヤーのひとりとして尊敬されている。また、缶をアンプに取り付けてファズ・ボックスのように仕立て、その改造アンプからギターの荒々しく強烈な音色をガラガラ響かせながら演奏していた。
1.jpg2.jpg3.jpg
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。