iTunesダウンロード ■YouTube保存方法 ■iTunes Store ■iPodストア ■ブログTOP


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YouTubeからデビューMarie Digby 

mariedigbyマリエ・ディグビー
Marie Digby

アイルランド系アメリカ人の父と日本人の母との間にアメリカで生まれ育ったハーフ
1983年4月生まれの25歳。アイルランド系アメリカ人の父と、日本人の母との間にアメリカで生まれ、マリエは漢字で書くと“万里恵”になる。幼少期は日本語学校にも通い、祖母が住む熊本を度々訪れたこともあり、熊本を第2の故郷、と感じている。幼い頃からクラシック・ピアノを習い、ソングライティングに目覚めたのは15歳の時。彼女の関心は楽譜を奏でることから、オリジナル楽曲の創作へと移り、ピアノ以外にギターを演奏するようになる。高校卒業後にカリフォルニア大学バークリー校に進学するが、音楽への情熱は冷めることなく、1年生の時に休学を選択。2004 年にパンテーン社主催のソング・ライティング・コンテストに応募し、「ミス・インヴィジブル」で見事に優勝!ハリウッド・レコードと契約するに至る。レコード契約をしたにも関わらず、大きな変化が起こらないことに苛立ちを覚え、YouTube への投稿を思い立つ。リアーナの大ヒット曲、「アンブレラ」のカバーをギターでアコースティック・カバーし、投稿したところ、770 万PV数を超える。そして、満を持してリリースされるのが本作、『アンフォールド』。「アンブレラ」のカバーを除き、全曲をマリエが作詞作曲。99% が実体験に基づいた彼女の曲は、等身大の魅力となって音楽にピュアな輝きを与えている。ハッピーな恋の歌から、不安に揺れる姿まで、ヴァラエティーに富んだ内容の歌詞を書き上げている。プロデューサーにベックやエリオット・スミスを成功へと導いたトム・ロスロックを迎え、バンドとのライブ方式でレコーディング。マリエ・ディグビーの25 年間の人生が投影されている作品となった
スポンサーサイト

ラテンポップスの女王!グロリアエステファン 

グロリアエステファンGloria Estefan(グロリアエステファン)
今日のラテン・ポップ・ミュージック隆盛の扉を開いたアーティストであり、ラテン・ポップ・ミュージックの象徴、マイアミが生んだ世界のスーパースター、グロリア・エステファン
■アメリカン・ドリーム
 1980年、グロリアには公私ともにいくつもの転機が訪れる。まず、結婚したグロリアとエミリオの間に長男ナイーブが誕生。その一方で父ホセの他界。このように大きな出来事が続く傍ら、バンドの方もこの年にCBSインターナショナルと契約。英語アルバムをリリースする85年までに7枚のスペイン語アルバムを制作し、ラテン・アメリカ圏で大ブレイクを果たす。後にスタジアムでのライヴをソールド・アウトにするほどのトップ・グループへと成長、絶大な人気を博すようになった。

ロバートジョンソンが今に蘇る!Keb Mo 

keb moKeb' Mo' - Dirty Low Down & Bad
(ケブ・モ)
ロバート・ジョンソンの魂を、今に蘇らせるブルース・マン”今”を生きるブルース!
ドロドロなデルタブルースではなく、とても聴きやすくて声も太くて伸びやかで包み込むような包容力がある
まるでロバートジョンソンが現代に蘇ったようです

3大キングの一人フレディーキング - Blues Band Shuffle 

Freddie KingFreddie King(フレディーキング)
ブルース 3大 KINGのうちの一人
Otis RushやBuddy Guy、Magic Samと共に、Kingは、60年代初期におけるChicagoのモダン・ブルース・ムーヴメントの先頭に立ち、60年代後半におけるブルース・ロック・ブームの土台作りに一役買った。クラプトンを始めとするブルース・ロックの巨人達への彼の影響は、煽情的で、挑戦的なソロやブルースとロックの結びついた音楽で特徴づけられる伝説を守る手助けともなった。

Bobby McFerrin & Anita Vitale 

Bobby McFerrin & Anita Vitale - Centerpieces
1.jpg2.jpg3.jpg
「ドント・ウォーリー・ビー・ハッピー」といえばボビー・マクファーリン。ひとりで同時に何役もこなした、とてつもない才能のシンガーだ。彼のコードはゴムかと思うほどしなやかによく伸び、スタジオの魔術師など雇わずとも聴く人を思わずうっとりさせる。その声で成功を追求するかわりに始めたのが大合唱団。しかも自分ひとりの声のオーケストラで、ポップでもジャズでもない世界に没頭している。有名人がこれほどアカデミックに何かを追求しているのは見ていて気持ちがいいけれども、ちょっともったいない気が…。ソロで歌ってその才能をあますところなく表現してはもらえないだろうか?97年の驚嘆すべきアルバム『サークルソングス』は、意味のある言葉は一切使われていないというユニークさ。それでも世界は、ボビー・マクファーリンがいつかソロで戻ってきてくれることを待っているのだ

ヒューマンビートボックス Felix Zenger  

3.jpgBeatbox - Felix Zenger
Human beat boxは人間の口でレコードのスクラッチ音や、ベース音などをリズムに載せて、音楽を作り上げるテクニック。ヒップホップ黎明期からまもなくして生まれた技術である。ドラムマシンやターンテーブルを買えない貧困層の人達が、ドラムの口真似でリズムを演奏し、それに合わせてラップをしたのが始まりと言われてる。

ファンキースラップギター!Justin King 

JUSTIN KING・LE BLUEJustin King
「マイケル・ヘッジスのスタイルの全てをマスターし、それを更に発展させつつある超絶テクニシャン」といった評価も海外のレビューでは見かけたりするけれども、彼の持つ音楽性やギター・スタイルは、そんな形容では表しきれない、もっと豊かでヴァラエティに富んだものだ。ファンキーな曲調の中に、スペーシーなタッピングそしてスラップベースのようなチョッパー!圧巻です






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。